ここだけの話

★困ってしまう

★困ってしまう

わたしは、処方開発をして20年以上になるのですが、一般の方の単純な質問ほど困ってしまいます。

例えば、「乳液とクリームってどう違うの?」です。

乳液もクリームも「水+オイル+(乳化剤とか高分子)」でできています。早速、ちょっと脱線ですが、昔は「水+オイル+乳化剤」という表現で良かった のですが、一般の方の多くは「乳化剤=活性剤」で、高分子は別。高分子もなんちゃって乳化してくれる「オイルの分散」って効果もあるのですが、一般の方が分散と乳化を区別はしていないので、「オイルを水に混ぜ込むモノ」として(乳化剤とか高分子)って表現を使います。話を戻しましょう。

では、乳液とクリームどこが違うか?それは見た目です。ジャー容器に入ってるのが、クリームで、振り出し(ボトル)の容器に入っているのが乳液です。でも、ポンプで出てくる粘度(硬さ)で、ジャー容器でも、ボトルでもOKそうな粘度(硬さ)の物は・・・どっちなんだろ?

目安としては、粘度(硬さ)で10,000mPa・s位がラインとなります。

 

もう1つ、別の話では、「美容液と乳液って何が違うの?」です。

答えは、乳液はオイルが入っているが、美容液にはオイルが未配合。

でも、この答えは現在では☓(バツ)です。なぜなら、今は、活性剤がなくても、水に溶けるオイルがあって、しかも白濁しない。つまり、透明で活性剤も入ってないのにオイルを配合してる美容液もある・・・。

最終的には、外観の色の違いです。美容液は、透明や澄明で乳液は、白色をしています。