ここだけの話

★韓国化粧品事情

★韓国化粧品事情

化粧品はお国柄によってやはり流行りがあります。

お隣の韓国などでは、男性化粧品を見た場合、日本とかなり違っています。
例えば、日本の場合、シートに化粧料を含ませたフェイスシートでの毛穴の汚れ、汗臭対策が
基本です(濡れティッシュ状)。他にも30~40代を対象とした化粧水もあります。
また、1つの商材に幾つかの機能がキュッとつまった・・・例えば「化粧水+美容液+乳液」が1つになった3-in-1が流行。他にも4-in-1や6-in-1なんてのもあります。

では、韓国男性市場はどうでしょうか?

韓国男性市場では、保湿は勿論、シミやトーンをカバーするBBクリーム系が流行のようで(男性市場ですよ)、韓国男性の36%がBBクリームの使用経験があるという話があります。

実際、韓国の男性市場は年々拡大にあり、2007年度に比べて2013年には2.6倍にアップしています。使用される化粧水も多機能で、毛穴、肌ストレス、美白、シワ改善、UV保湿、赤み改善など様々です。

日本では「化粧水」と言えば、「保湿」のイメージ。

しかし、最近は、化粧水にも色々機能が備わってきています。そういった化粧品をオールインワンゲルとは別に「セラム」などと言っていました。でも、韓国を中心に新しい言葉として「Water Essence」という表現が生まれ「Lotion」とは区別されています。

Water Essence・・・この言葉は、流行るかな?