ページトップアイコン

化粧品OEMCosmetics OEM

OEM
(化粧品を作りたい方へ)

化粧品を作りたい方への画像

化粧品についてあまり詳しくないのですが…

経験豊富な弊社スタッフがお客様のご希望にあった商品を提案させていただきますので、ご安心ください。容器・パッケージなどの包装資材についても、弊社よりご提案させていただいたり、業者のご紹介もいたしますし、ターゲット顧客に即したコンセプトで商品設計もいたします。製造だけでなく、薬事法についてのご指導など、製品を発売するまで当社専門スタッフがわかりやすく多方面からサポートいたします。

当社商品の特色

弊社は、これからの化粧品に求められる機能性と使用性を見据えた研究開発を行っています。原料からパッケージに至るまで、エンドユーザーの満足度を追求し、価値あるオリジナル製品づくりを目指し日夜研究を重ねています。
一貫製造品としてはスキンケアをメインに、ヘアケア、育毛剤、アイライナー、特定の医薬部外品まで。委託製造品としては石鹸、メイクアップ化粧品の製造開発が可能です。

小ロットでも作れますか?

ミニマムロット1000個(100ml/個)から承ります。業務用等で1個あたり大容量の商品につきましては1000個未満でもご対応致します。

ODM化粧品とは

「OEM化粧品」という言葉に比べ、「ODM化粧品」という言葉は聞きなれない方も多いかもしれません。どちらも「化粧品を作る」方法であることには違いがありませんが、三粧化研では特に化粧品の設計、企画からお手伝いをさせていただく「ODM」の提供に力を注いでおります。

OEMとODMの違い

このページをご覧になっている方は、「OEMとODMって、それぞれどういう意味で、何が違うんだろう?」という風に感じていらっしゃる方かもしれません。弊社ではわかりやすく、以下のように使い分けています。OEM:Original Equipment Manufacturing(サンプル提供以降のお手伝い)ODM:Original Design Manufacturing(サンプル提供前の企画段階からお手伝い)たとえば、化粧品のパッケージや容器について、弊社ではこれまで数多くの事例を見てきた経験がございますので、ご提案が可能です。また、お客様のオリジナル化粧品の肝となる成分や狙いたい美容・効果について指定いただければ、合わせて配合すべき成分や適した剤型などをご提案いたします。OEMの化粧品開発より、ODMの化粧品設計から依頼いただけると、なお深い協力ができる、ということになります。また、化粧品の設計~開発~商品化の流れについては、 このページの下部にも記載しています。

グローバルな事業について

「海外に化粧品を輸出したい」「海外の会社だが発注できるか?」「海外に輸出したいがノウハウがない」「中国に化粧品を輸出したい」「コロナ禍でインバウンドが期待できないためアウトバウンドを展開していきたい」・・・

三粧化研の工場は化粧品GMP認定工場(ISO22716取得)ですので、海外のお客様にも安心いただける品質の高い化粧品の製造が可能です。また、英語・中国語が話せるスタッフが常駐しております。 これまでにも海外のお客様との取引が多数あり、取引国としてましては中国、韓国、香港、台湾、マカオ、シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム、アメリカ、EUなどがございます。

お客様のサポートとしまして

  • 相手国やお客様のご要望に合わせた商品のご提案
  • 公的機関での認証のサポート、または英文・中文での契約書締結が可能
  • 相手国やお客様のご要望に合わせた商品のご提案
  • 公的機関での認証のサポート、または英文・中文での契約書締結が可能
  • SDS等の商品の安全データシートの英文作成
  • 海外輸送のご提案(EMS、航空便、船便など)および運送会社との折衝
  • 輸出に必要な証明書の提供
  • インボイスの作成

など、様々なお手伝いが可能でございます。

中国への化粧品OEMの輸出につきましては実績も多く、中国薬品監督管理局NMPA(旧CFDA)の申請経験、中文対応処方、中国輸出実績のあるベース処方も多数ございます。

海外輸出に関してもどうぞお気軽にご相談ください。

化粧品開発の流れ

化粧品開発の流れの画像
01

ご依頼・打ち合わせ

お客様のご希望や商品イメージ(商品特徴、販路、数量等)をお伺いし、弊社から差別化されたユニークな商材をもとにオンリーワン商品の企画をご提案をさせていただきます。
弊社では、化粧品業界のみならず、様々な業種からのご依頼による実績がございますので、皆様のお問い合わせをお待ちしております。

02

商品開発・企画設計

具体化した企画から試作いたします。
試作は無料、5名分1~2週間程度の量をお試しいただき、仕上がりに十分に満足いただけましたら製造という流れになっております。既存で1~2週間、新規でも3週間程度で試作品をご用意いたします。

03

商材評価

試作品の使用感等をご確認していただきます。
さらに、調整が必要な場合には再度試作を行い、調整後再度使用感等をご確認していただきます。
また、その処方設計の特徴につきましての簡易成分表や企画書をご提示いたします。

04

包装資材の設計

化粧品をとりまく容器やパッケージ、またそのデザインにつきましても、ご提案させていただくことができます。

05

お見積もり

試作段階で暫定見積りをご提示いたします。
商品設計が決定した段階で、最終見積書をご提示いたします。

06

安定性試験

試作段階で品質安定を念頭においておりますが、最終校了試作品の処方により品質安定性試験を実施し、安心をご提供しております。

07

契約

基本取引契約書・各種取り決め書等を取り交わします。取り交わす契約書…売買契約書(※個別開発契約書、秘密保持契約書)
※ご契約内容により必要となることがあります

08

薬事業務

商品化にあたり品質安定試験・薬事申請などを行います。厚生省の許認可・委受託契約など薬事業務を経て商品として 生産できる準備が整います。

09

原料・資材の調達

原料から容器まで製造に必要な原材料を調達します。

10

製造

商品開発、商品設計、各種品質試験、薬事申請、原料調達の後お客様の商品の製造となります。安全で高品質なお客様だけのオリジナル化粧品の誕生です。常に効率のよい安定した供給体制をご提供いたします。

11

品質管理

お客様に安心して販売していただけるよう、製造された製品が納品・発売後の品質について問題ないかを厳しく試験します。製品を弊社でも5年間保存し品質チェックを行います。

12

納品

製造した製品の品質試験後に、納期に合わせて、予め指定された納期場所へ出荷いたします。

お問い合わせCONTACT

個人のお客様
お問い合わせはこちらから

法人のお客様
お問い合わせはこちらから